FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
8月30日投開票の衆議院選挙は、民主党の圧倒的な勝利に終わりました…もちろん、投票に行かれた方は、自分が投票した候補者が当選・落選した事や支持政党が勝った・負けたという事に一喜一憂された方もいらっしゃるでしょうし、期待や不安を持つ方もいらっしゃる事だと思います…

もちろん、今回与野党が逆転した事によって政権交代がされた事を変化ととらえるか、または現状を維持できずに終わるのか、変化によって何が起こり何が変わるのか…期待と不安が入り混じっているのは市民の皆様の共通した意見ではないかと思いますが…

もちろん、これを見ていただいている皆様の中で、有権者の方(年齢が20歳以上の方で日本国籍を持っている方)は投票に行ったと思います…
私個人は選挙中は「皆さん投票に行きましょう」としか言わないことにしているのですが、実際に運動しなければいけないのは選挙が終わって意中の候補や支援している候補が当選したときであると常々考えているからです。

ここで、今回選挙が終わり政権が変わることになった…という訳ではないのですが、何故こんな考え方をしているのか、列挙していきたいかと思います…本来、政治というものの本分はこう有るべきと考えています
スポンサーサイト
2009.09.04 Fri l なんでも l COM(3) TB(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。