FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
はじめに…このエントリーで本年最後の更新となります。

この数ヶ月、日本政府の景気動向に対する手当ては、全くの後手に回り尚且つ有効なとるべき手段を放棄したまま、ただ政権の延命のみを図る方向にしか動いていない現状です。

私個人の見方として、ですが…まず原油相場の1バレル当たり30ドル台後半の水準という部分に着目すると、実態として原油消費量が一気に低下したと見るよりも、ここ数年の消費量そのものが価格に見合わない低水準で(なので、産油国が生産増強をしても相場は下がらない状態だった…現在産油国が生産量を削減する事を発表したにも関わらず殆ど相場が上昇しない)一部消費国(中国・インドなど)の消費量の増加は見られたものの全体的にはそれほど消費量が飛躍的に上昇したとはいえない状況であったと見ています。

もちろん全体的には消費活動は活発だったのは確かなのですが、これについても主な消費国であるアメリカだよりで、全体的な底上げをしたのはやはり中国・インド等の経済新興国での消費活動だったと見るべきでしょう…ただし、アメリカの消費活動と比べると微々たる数字でしかないように思われます。

ここで、この秋のアメリカでの経済ショックに端を発した消費の落ち込みがあれば当然の事ながら景気は冷え込み、全体的な数字で見ればかなりの部分が消えていくのは自明の理なのではないでしょうか…


全体的なものと、一局地である日本の経済・消費活動はある程度はリンクしているとはいえ、今回のような海外への輸出活動を主に行っている企業の売り上げ低迷は必須ではなかったのではないでしょうか…が、国内企業は日本国内での経営を行っているという自負があまりになくなってしまっているのではないかという気が私にはするのです。

今回、トヨタ・ソニーなどの主力輸出企業の第4四半期での見通しが赤字転落という状況になったのはひとえに国内売り上げの数倍を輸出によってあげていて、かつ主力輸出先がアメリカ一辺倒になってしまっていたのが主な原因なのではないでしょうか。
かといって、欧州企業が同様にアメリカ向け輸出の落ち込みのみで赤字に転落するといった事態ではないのが余計に戦略的な間違いを露呈しているように私個人は思う訳です。


スポンサーサイト
2008.12.29 Mon l なんでも l COM(2) TB(1) l top ▲
長らくかかりましたが…なんとかPC復旧しました(^^;

今まで使用していたPCは…なんと自作の癖に8年間という長い間使用していたもので、データの肥大化によってHDは増設を繰り返したものの、ほぼ毎日かなりの時間使用したにもかかわらず、意外と長寿命でした(笑)



今現在、経済推移を伺っている関係上、まだ少しの間新しいエントリーはあげませんが…
現状のまま推移していくとすれば、日本経済そのものの規範意識の低下と相まって未曾有の経済危機が起こることは必須だと個人的には考えます…

すでに日本企業(特に上場企業や準大手企業など)には人的資源に全くの余裕が無く、また利益追求主義が大手を振って歩いている昨今、さらに人的資源の切捨てに走っている企業が多く、このままでは蛸が自分の足を食べるように内部から崩壊していくのは間違いが無い部分だと私個人は考えていますが…この点に気がつかない企業経営者があまりにも多すぎてなんともいえない部分ではないかと思われます…

基本的に日本経済のような仕組み…特にこの十数年のような完全な外需依存と国内での一次産業の著しい衰退を招くような経済政策を行ったつけは払わねばなりませんが…それはどのように払われるのか、そしてそれに伴う経済混乱を現政権は本当に回避する立法を行う気があるのか…

そのあたりを重点に現在も経済動向を見続ける毎日です。
2008.12.07 Sun l なんでも l COM(0) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。