FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
このエントリーは
http://alies224.blog31.fc2.com/blog-entry-15.html
http://alies224.blog31.fc2.com/blog-entry-17.html
http://alies224.blog31.fc2.com/blog-entry-19.html
の続きになります…


相変わらず、世界中の株価は下げ止まらない状況が続いています。

前エントリーで記述したように各国市場とも乱高下を繰り返しながら徐々に相場は下降し、さらに各国通貨に対して円高が促進されている状況です。


昨日までの報道で麻生首相とその周辺から追加景気対策と日本市場での空売りの規制という話が持ち上がってきましたが…正直、私の感想としては、景気対策はともかく(多分これはうまく行かないとは思いますが)空売りの規制については既に時期を逸している感があります…

実際、今回の市場混乱が起こった直後なら空売り規制はそれなりに効力があったかと思いますが、事ここに来てからの規制では、市場の調整にはならないのではないのでしょうか…
また、金融機関に公的資金導入プランも、責任の所在がないまま行われることが決まってしまい、ますます資金がドブに捨てられていく感が否めないのですが。
スポンサーサイト
2008.10.28 Tue l 経済みたいなもの l COM(0) TB(1) l top ▲

えっと…こんなん見つけました(笑)

2008.10.26 Sun l なんでも l COM(0) TB(1) l top ▲
まだまだ混迷…経済の先行きの不透明感

このエントリー
http://alies224.blog31.fc2.com/blog-entry-15.html
http://alies224.blog31.fc2.com/blog-entry-17.html

からの続きです

 米国のサブプライムローン問題から始まった今回の金融危機ですが…
日本の株式市場はこの2週間ほどで日経平均株価にして3分の1が泡と消えました…


 もちろん株価下落は日本に限ったことではなく
米国も約4割
EU各国もほぼ同様
ロシアは約5割
中国・インドも約5割
この一年間で株価を下げています

この下落傾向はおそらく後数週間は続くのではないかと私個人は思いますが、10月中旬以降、少し下落幅は鈍化、もしくは一時的に上昇を伴いながら下落していくものと予想しています。


 そもそも、この問題の始まりは金融商品の証券化システムの考え方に大きな問題がある、と言うのが私個人の考え方なんですが、一部経済学者(日本国内の方ではなく、米国・英国の学者で警鐘を鳴らした方がいたそうですが、黙殺されたみたいです)も同様な考え方をされていたらしく、かなりの問題意識を持たれている方が結構いらっしゃるみたいです…



 これが金融のグローバル化だと言うのであれば、市場の調整能力は全く効かなくなるような気が私個人はしますし、また日本国内での経済状況にも多大な影響をもたらす事にもなるでしょう…竹中平蔵氏は一体この問題に対してどう責任を取るのか、はっきり言って一度お考えを公的な場所でお聞きしたいものです(((((^^;


2008.10.12 Sun l 経済みたいなもの l COM(2) TB(1) l top ▲
うーん…本当はエントリーにするつもりは無かったのですが…

山口・光の母子殺害:弁護団賠償請求訴訟・広島地裁判決 口は災い、橋下知事

幾つかのブログでは、まあこんな風に書かれてます

秋原葉月さんのブログ

春霞さんのブログ


で…判決の全文はこちら光市事件懲戒請求扇動問題 弁護団広報ページにPDFファイルがあります(^^;

私としてはとりあえず「橋下氏が判決文でトンデモ認定された」と、個人的な感想を述べておきましょう(笑)


で、本題は以下に…
2008.10.04 Sat l 司法みたいなもの l COM(0) TB(3) l top ▲
このところの株式市場…株価乱高下の挙句に大幅安・全面安の展開に、日米だけではなく世界各国が全般的に陥っています…

リーマンショックからはや半月…

市場の先行きは不透明感を増し、米国の対応が注目されている中…

それでも市場は動いています…

日本の政治家の一部は、日本国内への影響は少ないと公式・非公式な形で表明される方が多いようなのですが、このように市場が混乱している限り、それなりの大きな影響はあるべきと考えるのが正当なのではないかと思うのですが…

また、一部市場に資金供給を各国の中央銀行が行っていますが…
おそらく、この資金はどぶに投げ捨てられるように吸い込まれていく可能性が高いのではないかと私個人は考えますが、かと言って資金供給を行わなければさらに混乱を招くので痛し痒しでしょう…



来週末あたりに、公的資金の導入が何らかの形で米国議会から出るのかどうかある程度形が見えてくると思いますので、これ以上の予測は…ってか、もう既に予測が困難すぎて、短期も中長期も予測する材料がありません○| ̄|_


以上、今日の雑感でした(笑)
2008.10.03 Fri l 経済みたいなもの l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。