FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
携帯用テンプレート、少しずつカスタマイズしています…

今まで携帯で見ていて、デザイン的にちょっと?なんて思っていた部分があったので、いっそのことテンプレートを設定して、ある程度見やすく使いやすいを目標に少しずつカスタマイズしていく事にしました(苦笑)

なにせ、年齢が…段々視力が衰えを見せてきた昨今なので、とりあえず字の大きさは少し大きめに設定しましたが…

デザイン的には一番小さいほうがすっきりしているみたいなので、かなり迷うところです(困)

もう少し時間をかけてカスタマイズしてみようかしら(苦笑)
スポンサーサイト
2008.03.30 Sun l なんでも l COM(4) TB(0) l top ▲
本日、外為市場にて1ドル95円台という高値をつけてしまった為替ですが…

この背景にあるサブプライムローン問題を考える前に、現状の国内実体経済を本当は考えないといけないのかも知れません。

この一年の間に、原油価格高騰と短期的な中国経済の繁栄という2つの側面から、日本国内の景気は上向きとされていましたが、実際には「実質賃金の下落による企業利益の拡充」だった事は否めないと思います。

さらに、長期的に実質賃金が下落したことから、実体経済としての国内経済は決して好景気と言うには程遠いものであったと考えられます…

しかし、大手企業はこぞって国内生産における人件費・下請けへの購買単価の抑制に走り、またその利益の割には株式配当額を比較的低く抑え、設備投資と内部留保に努めてきました…


結果、大企業は確かに一時的には膨大の利益と内部留保を生み出したのですが、反面国内景気の低迷と言う相反する状態に陥れてしまった訳です…


現時点で、この内部留保を円高によって吐き出してしまう可能性は充分あり、このままいけば全ての輸出関連企業におけるこの数年の内部留保は「為替差益によって吐き出されてしまう」事も充分考えられるのです…


現実的に、私個人は3年前から米国経済の失速には気が付いていましたし、その対策には国内消費の拡大及び、米国・中国・インド以外の、それも出来ればEU向け輸出へのシフトしかないのではと考えていましたが、実際にはそうならなかったといったところでしょうが(苦笑)


現状では、国内経済は既に完全に疲弊しきってしまっています…特にコストを下げるための禁じ手を大企業が使いまくった結果ですので、この責任そのものは「禁じ手を容認し、且つ促進した経済界とそれに呼応し聞こえの良い言葉で不要な規制緩和をしまっくった政府」に殆どの責任があると私個人は考えていますが、現状の保守と呼ばれる方々はどうもそうではないようで…
このあたりが既に異常としかいえない現状を作っているとしか思えないのですが…



既に次の兆候は見え始めました…
まず、輸入原材料や製品価格の上昇、中国など海外人件費の高騰(実際に、幾ら中国の人件費が安いとは言え、他の国と違い、いつでも資本を引き上げることや撤退することも容易には出来ず、また日本企業が100%コントロールすることも容易ではない)や、国内製品の品質低下に見る国際競争力の低下は明らかですし、純国内生産の生産力そのものがかなり低下している現在、更なる不況が訪れるのは火を見るより明らかなようです…

その対抗策としては、国内中小企業の育成と農業の振興と言う今までとは全く間逆な政策を必要としていますし(農業の国際競争力については、いずれこのブログにて私見を述べたいと思います)本来的にかなりの対抗措置をとっていかないといけないのですが、現状の政権ではおそらく無理でしょう…



最後に一言…「現状では防衛政策に大枚をはたく余裕なんて全く無い!不必要な道路や箱物を作る必要性も感じない…いかに国内向け生産が拡大し生活者が消費し、国内経済を活発にしない限り明日は来ない」…そう考えます…
2008.03.17 Mon l 経済みたいなもの l COM(2) TB(0) l top ▲
単なる雑感ですが…

なんか、あちこちのブログエントリーにて中国製品やら食品やらの不買運動を見かける昨今なんですが…

それって意味解ってます?

大体において、そういった事を言い始めると味噌としょうゆっていう二つの基礎調味料を食べないって選択肢になってしまう事を(苦笑)

大豆・小麦由来の食品は、その原材料のほぼ全てが輸入なのは別に統計資料を出さなくても明らかですし、大体においてそれを国内製造しているだけなんですが…それが中国産かどうかをまず調べてから言って欲しい(苦笑)

うーん、そんなに藁人形たたきがしたいのでしょうか(苦笑)


国内農産物を積極的に購入しようとする運動ならともかく…そしてその価格が非常に高価になりつつあっても、積極的に支援し、購買しようという国内農業育成とか、大企業(上場企業)の製品の購入をしないとか(中国進出企業とか)の方が明らかに対中国に関しての牽制になるって事はだーれも言わないし、一部のマスコミ宣伝に乗せられているとしか思えません…




って、こうやって書くとサヨク認定されちゃうのかもね(核爆)
2008.03.16 Sun l 経済みたいなもの l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。