上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日はちょっとしたつぶやきです(苦笑)

報道では日航が法的整理に入りそう、とされています…

市場では、本日(1月12日)前場終了時点で株価はストップ安、売り注文が殺到している状況となっているようなのですが…

私個人の考え方としては、日航という企業の成り立ちやその運営、JASとの統合時や路線認可の政治介入等からして、本来は無条件で一旦国営化して株式の一時買い上げを行い、その後事業整理し、今問題になっている過去の年金などは国庫からの全額補償が筋だとは思っていますが…果たして、ここを見ている方はどう思っておられるのか…

そもそも、路線認可の政治介入や多額の負債を背負ったJASとの統合だけを見ても、到底私企業として成り立っていないだろうし、そのつけが今回ってきているだけなんだと思いますけれどもねぇ…
にもかかわらず、出資者に対して「100%減資」を強いて株式を紙切れにするがごとくの状況は、異常としかいいようが無いのですけれども…


ならば、何故バブルが崩壊時、不良債権続出の大手都市銀行に多額の資金を投入したのか、それがどういう意味なのかを、いま現在の政府に問うてみたい気もします…まあ、今は民主党政権なので、あまりきつい事はいえませんけどねぇ…
それと…近いうちに書かないといけないとは思っているのですが、現実問題として、今現在の民主党の国会議員があれほど経済音痴だとは思いませんでした…素人だとは思っていましたが(具体的には後日エントリーにしたいと思っています)正直、亀井静香国民新党代表に振り回されているだけではないかと(苦笑)
とりあえず、藤井財務相が体調不良で降板し、後任に管国家戦略担当大臣が財務相になったので、多少はマシなのかとも思いますけれども…


まあ、日航の問題は、単純に再建できるかどうかの問題ではないので(国家戦略として、非常に問題が大きいと思っています)今後も注視していきたいとは思っていますが…まあこのままだとなかなか本格的な再建案は出てこないような気もします(苦笑)
スポンサーサイト
2010.01.13 Wed l 経済みたいなもの l COM(1) TB(4) l top ▲
秋なので秋らしく(笑)


達沢不動滝


たまにはこういうのも良いかも(笑)


2009.10.26 Mon l なんでも l COM(1) TB(1) l top ▲
8月末の衆院選挙で自民党が惨敗、民主党が300議席を超え政権交代が行われてはや一月…

とりあえず、まだ国内経済への波及効果は全く現れていないといったところなのですが…


今回の衆院選以降、特に国内経済の流れが変わったわけではなく現状維持といったところなのでしょうが、9月の最終週に藤井財務相の度重なる発言からそれまでの円高傾向が加速、週明け外為相場がいきなり90円を割り込み88円台まで円高が進んだり、米国での自動車売り上げ台数が9月期は8月期の4割減といった報道がなされたりで、相変わらず混沌とした経済見通しは続いているようです。

日本国内の状況は今のところほとんど選挙前と変わらずといった状況ですが、米国内での景気動向や完全失業率の不安定な推移を見る限り、現状では未だ景気回復は遠いといったところでしょうか(苦笑)
もっとも、米国オバマ政権は未だドラスティックな改革を行っていない状況ですので、この先どのように転ぶかは定かではありませんが、少なくとも一時の戦費に多額の資金投入をしなければならないような状況からは脱しようとしている様子が伺えますので、その辺から少しづつ財政の健全化がはかれれば、米国内での経済状況はやや持ち直す期待は出来るでしょう…

問題は日本国内での景気動向が見えてこない点です。
悪化するならその要因、好転するならその材料がいくらか見えてくる時期に、今までの政治状況なら差し掛かっているといってよい日数がたったのですが、今回民主党政権がとった行動が「一歩止まれ」といった状況なので、未だに先が見通せないのが現状であるのではないかと思われます。


とりあえずの好材料としては、生活保護の母子加算制度の復活や子供手当ての創設など、直接的な援助があります…この点については公約通りといったところでしょうが、とりあえずささいなごく一部でも消費動向が好転する要因にはなりますので、好材料といってよいでしょう(苦笑)

ただし、問題点も少なからずあるようです。


2009.10.04 Sun l なんでも l COM(0) TB(1) l top ▲
8月30日投開票の衆議院選挙は、民主党の圧倒的な勝利に終わりました…もちろん、投票に行かれた方は、自分が投票した候補者が当選・落選した事や支持政党が勝った・負けたという事に一喜一憂された方もいらっしゃるでしょうし、期待や不安を持つ方もいらっしゃる事だと思います…

もちろん、今回与野党が逆転した事によって政権交代がされた事を変化ととらえるか、または現状を維持できずに終わるのか、変化によって何が起こり何が変わるのか…期待と不安が入り混じっているのは市民の皆様の共通した意見ではないかと思いますが…

もちろん、これを見ていただいている皆様の中で、有権者の方(年齢が20歳以上の方で日本国籍を持っている方)は投票に行ったと思います…
私個人は選挙中は「皆さん投票に行きましょう」としか言わないことにしているのですが、実際に運動しなければいけないのは選挙が終わって意中の候補や支援している候補が当選したときであると常々考えているからです。

ここで、今回選挙が終わり政権が変わることになった…という訳ではないのですが、何故こんな考え方をしているのか、列挙していきたいかと思います…本来、政治というものの本分はこう有るべきと考えています
2009.09.04 Fri l なんでも l COM(3) TB(2) l top ▲
あと数日でようやく総選挙投票日です…とりあえず、皆さん投票には行ってください…出来れば必ず(笑)

…期日前投票を終えた方、本当にお疲れ様でした…今回の投票が意中の方の当選に役立てればよいですね(笑)



といった、ありきたりな文言ではじめさせていただきましたが(苦笑)
もちろん、上記の文章には多少の意味も有りまして…

過去の事例によれば、投票率が高くなれば成る程、政権与党が不利になったり(これは蛇足)投票率が高くなった総選挙の後は景気が一時的にでも上向きになったりする効果があるのだそうで←本当か?との突っ込みは今回に限りご勘弁を(爆)

とりあえず、過去の事例から行くと、たとえ総選挙がどのような形であろうとも、そして結果がどうあれ(これは一時的なカンフル剤にしかならないとは思いますが)、「総選挙後は一時的にではあるが消費行動が若干活発化しやすい」傾向にあることはたしかみたいです(笑)


今回の総選挙、一応マスコミはこぞって「政権選択選挙」と銘打ってますが…じゃあ今までの選挙は何だったの?という突っ込みはさておいて(苦笑)多少なりとも、そして一時的にでも空気は変わると思いたいです(苦笑)
まあとりあえず、皆さん投票に逝ってね(核爆)







本当は選挙前に、消費税が上昇すると景気悪化が更に進み、国内産業は破壊的な状況に陥る…かも(T_T)という内容のエントリーを予定していたのですが…
実は数字の検証をしていくと「消費税5%施行後の景気動向が、あまりにも悪化しすぎていて数字が全く合わない」為にお蔵入り決定いたしましたので(核爆)このようなエントリーにてお茶を濁す次第でございまするm(__)m(深々)
2009.08.26 Wed l 経済みたいなもの l COM(2) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。